八百万の神に清められし、美しく輝く結晶、「神迎の塩」は、神様から授かった特別なお塩です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「出雲かみしお.」にようこそおいでくださいました。 出雲大社の西、神々の神話で知られる「稲佐の浜」は日本のなぎさ100選にも選ばれた美しい浜で、神々の座する出雲大社とは大変深い繋がりがございます。

出雲の地では、10月の神無月を「神在月」と呼び、毎年旧暦10月に日本全国から八百万の神々をこの稲佐の浜からお迎えする神事が行われます。そして「神々の姿なき御姿を映すその清らかな海水には、神秘の力が宿る」と語り継がれております。

「出雲かみしお.」は、稲佐の浜よりこの神々の力を授けられた海水を汲み上げ、独自の製法でお塩を生成しております。 その純白な結晶は、神々に清められたかの如く美しく、手にとれば他のお塩とは一線を画していることを実感していただけることでしょう。

私どもが自信を持ってお届けする「神塩」を、盛り塩・食用・御守塩として、ご自宅やオフィスなど皆さまの身近な場所でご活用いただければ倖いです。

代表取締役 土江光二  

結線

神々の座す出雲大社で縁結びのパワーを頂いた「神迎の塩」を、ぜひ皆さまのお手元に。

この度の「出雲かみしお.」立ち上げにあたり、たくさんの方々に、お店を出すこと、商品である「神塩」への想いについても共感していただき、たくさんの嬉しいお詞をいただきました。

 

 

 

 

 

 

結線

店舗ロゴ・筆文字・店舗コンセプト

当店の「出雲かみしお.」ロゴ、商品「神塩」「神迎の塩」の筆文字は、風舞書の第一人者である書道家、伊藤白水先生の作によるものです。力強く神々しい、数々の伝説に彩られる出雲の地に相応しい書体です。

 

 

 

 

全国の八百万の神々がやって来る稲佐の浜の縁起の良い塩を制作している人々の純粋な気持ちを考え、「神」は迷いの無い垂直な縦画を入れ、「迎」は海が神を呼ぶエネルギーが空に向かっている思いで、「の」は太陽を、「塩」の最下部の長い横画は海の持つ大らかさ、優しさ、強さ、時によっては刃物の様な恐ろしさの表現に挑戦しました。
(書道家 伊藤白水HPより引用)

店舗内は、「神が宿る空間」をイメージしたデザインとなっております。白を基調に、高貴な紫とゴールド、そしてさりげないアクセントに赤を入れております。天井は海の波を、店舗入り口向かって右側の壁は水の輪を表現しております。



 

結線

神々の座す出雲大社で縁結びのパワーを頂いた「神迎の塩」を、ぜひ皆さまのお手元に。

出雲かみしお.

出雲大社神門通り
〒699-0711 島根県出雲市大社町杵築南838‐6
TEL・FAX.0853-53-4140
営業時間/10:00〜17:00 年中無休